ポイントメイク落とし【ビフェスタ】プチプラアイテム紹介!

こんにちは、アラフォーエステティシャンで美容家の永松麻美です。

昨日は落ちないアイライナーの紹介したので、今日は落ちるポイントメイク落としを紹介をします。笑

昨日の記事はこちら

Bifesta (ビフェスタ) アイメイクアップリムーバー

マンダムが出している、Bifesta (ビフェスタ) うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー 145mL。

参考価格700円。

145mlでのお値段なので、かなりの高コスパ。

@コスメなどのランキングでも上位を総なめにしている人気製品です。

ビフェスタってクレンジグシートも出していますが、かなりしっかり落ちるので使い勝手が良い印象。

コットンに500円玉大を染み込ませ、ポイントメイクとなじませ、落としていくスタンダードなポイントメイク落としです。

本当に落ちる?&使用感!使ってみた感想

↑「落ちないアイライナー」も瞬殺でした。

結論から言うと、「落ちない」も本当にするっと落ちます。

濃いめのメイク、ウォータープルーフ処方のアイメイクやティント系の口紅も一瞬です。

落ち方が本当に「瞬殺!」なので、こっすたり、何度も馴染ませたりなどの摩擦や肌負担をかけずに落とせるのが最大の利点。

本当にするっと落ちます。

落ちないアイライナー、落ちないウォータープルーフマスカラ、縦じわに入り込んだ口紅もしっかり落とせる。

ポイントメイクを摩擦の負担なく落とすという意味では、素晴らしい製品です。

成分と注意点!

成分は・・・

水、ミネラルオイル、シクロペンタシロキサン、水添ポリイソブテン、エタノール、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、パンテノール、酢酸トコフェロール、PEG-6(カプリル/カプリン酸)グリセリル、PEG-400、塩化Na、PPG-2-デセス-7、EDTA-2Na、ココイルアルギニンエチルPCA、ペンチレングリコール

ビタミンE・B、ヒアルロン酸などが入っているので保湿もしてくれるのが嬉しい。

が、しかし、ちょびっと気になるのが高配合のミネラルオイル。

デメリットとして脱脂力が強い、毛穴を詰める可能性があります。

ポイントメイク落としなので、使用する箇所は毛穴がつまりやすい場所ではないですが、口元にニキビができる人や目の周りに肌色のポツポツ(稗粒腫・・・はいりゅうしゅ、ひりゅうしゅ)ができやすい人は避けた方が良いかもしれません。

また脱脂力が高いので、お肌の乾燥が強いときや花粉の時期など赤みやかゆみなどの肌荒れを起こしているときも使用を避けるのが無難です。

(そういうときはそもそも濃いメイク自体避けるほうが良い・・・でもメイクしたい女心もわかるけど。笑)

また注意点としてエタノールも入っているので、アルコール系の成分で赤みが出たり刺激を感じる人には、あんまりオススメできません。

なので

・お肌の乾燥が強いとき

・お肌が敏感になっているとき

・アルコールに刺激を感じる人

・稗粒腫がある、またはできやすい人

は、使用は控えた方が良さそうです。

目元がデリケートな人にはこちら

まとめ

デメリットをお伝えしちゃいましたが、本当にするっと落ちるので摩擦が起こりにくいという点ではイチオシ。

ポイントメイクを落とすときに、一番注意しなければいけないのは、やはり摩擦。

日々の摩擦の繰り返しで、色素沈着や小じわ、肌荒れを招くことは避けたいですよね。

しっかり落ちないなら、ゴシゴシせずにポイントメイク落としを強いものにするか、メイクを落ちやすいものに変える必要があります。

落ちないものはゴシゴシしても落ちないので、するっと落ちるリムーバーを買いましょう。

しっかり落とす、と言う意味ではオススメの製品なので、普段からウォータープルーフやティント系のポイントメイクをする人や、普段はナチュラルメイクの人もパーティーメイクや特別な日に落とすように1本持っておくと便利です。

私も毎日は使いませんが、落ちない系のアイメイクやティント系の口紅を使用した日は頼っています。

しっかり&簡単に落とせるポイントメイク落としを探している方は、ぜひお試しを!

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

永松 麻美

エステティシャン歴10年、エステサロン&スクールの経営をしている永松 麻美です。美容大好き、化粧品大好き。アラフォーになって改めてアンチエイジングに気合いが入っているので、試行錯誤をブログで発信していきます!