【虫刺され】あとのシミを消したい!ケア方法は?

こんにちは、アラフォーエステティシャンで美容家の永松 麻美です。

みなさま夏は楽しんでいますか?

キャンプ、海、川、山、BBQ、ビアガーデン…..屋外でのイベントも多い季節。

中には「虫刺された」「虫刺されのあとが消えない〜」なんてお困りのかたもいるのではないでしょうか。

ちなみに私は、蚊の出す毒に対するアレルギー反応が悪化したようで蚊に刺されのあとがボコンと大きく腫れました(涙)

虫に刺されないことが一番ですが、刺されたあとの対策と、虫刺されあとをはやく改善して消す方法をお伝えします。

虫刺されや引っ掻いた跡の【シミ】

蚊に刺されたあとになんで痒くなったり腫れるのか

蚊は私たちの血を吸うときに血を吸ってることがバレないように「麻酔」的な役割として唾液を注入します。

この唾液は、私たち人間の体にとっては「異物」。

この異物を排除しようとアレルギー反応を起こします。

つまり蚊に刺されたあとの痒みや赤みはアレルギー反応なんです。

蚊に刺されたときの簡単な対策

蚊に刺された場合、一番良いのは引っ掻いたりバッテンを爪で刻んだりすることではなく水道水で流すこと。

蚊の唾液(毒)は水溶性の毒なので、刺されてすぐに水で流すと腫れや痒みが全く出ないこともあります。

もし痒みが出たとしても、流水や氷で冷やすと痒み赤みは抑えられます。

掻いてしまったり、温めると痒みや炎症が大きくなることもあるので注意してくださいね。

かゆみ止めや抗炎症成分配合の薬が手元にあれば、なるべく早く塗りましょう。

【虫刺されあと】改善のために出来ることは?

蚊に刺され直後で赤みや痒みがあるうちはかゆみ止めなどを使用して炎症と痒みを早く落ち着けさせることが第一優先です。

虫刺されあとの色素沈着(シミ)のことを「炎症後色素沈着」といいます。

炎症のあと、なのでやはり炎症が起こらないようにはやめに対処できると「あと」にもなりづらいです。

掻いてしまったり、腫れが大きかったときほど「あと」になります。

ちなみにニキビあとの赤いシミのようなものも「炎症後色素沈着」。

ただしお顔よりも身体のほうがお肌の生まれ変わりのペースが遅いので、ニキビあとよりも身体にできた「虫刺され跡」のほうが治りが遅い傾向があります。

まずは「あと」を悪化させないために、気をつけるべきことをお伝えします。

これはやめて!改善のためにNGなこと

虫刺さされのあとにこれをやると色素沈着しやすい!ってことがいくつかあるので紹介します。

掻かないで!

まずは、掻かない!掻いてしまうと炎症が広がったりメラニンが出て色素沈着を起こして「跡」になるので痒いときは冷やして落ち着けましょう。

炎症とメラニンは連動しやすいので炎症をひろげることは避けましょう。

また物理的な刺激が加わるとお肌への刺激からメラニンが出て悪化することもあるので、掻くだけではなく身体を洗うときにゴシゴシしたり締め付けや摩擦の起こる服装をさけるなど気をつけましょう。

紫外線に当たらないで

虫刺されのあとは簡単にいうと「傷跡」です。

傷口に紫外線に当たれば、やはりメラニンが生成され色素沈着になるリスクが上がります。

日焼け止めや、薄手のカーディガンを羽織るなど工夫してなるべく紫外線を浴びないように気をつけましょう。

ポイントは角質ケアと保湿

虫刺され跡の改善のために大事なのは、角質ケアと保湿。

さらにターンオーバーは年齢とともに遅くなる傾向があり、寝不足や不摂生、乾燥などでも乱れがちに。

赤ちゃんや小さい子供が虫に刺されても、数日で治ってしまうのに大人の脚の虫刺され跡は何ヶ月も治らないのはこの「ターンオーバー」の日数の違いが大きく関わっています。

よくお肌のターンオーバーは28日と言われますが、実際は年齢+10日と言われさらに身体の部位によってこれよりも遅くなります。

なのでこのターンオーバーを促すために、角質ケアをすること。

そしてお肌のバリア機能を高め改善しやすい状態にするために保湿すること。

この二点が大事なケアポイントになります。

角質ケア&保湿の仕方

ここで大事なのは角質ケアは摩擦など、物理的な刺激の少ないものを選ぶこと。

ザラザラのスクラブやポロポロするピーリングなどは、摩擦による肌ダメージが起こりやすいのでできれば「科学的ピーリング」がオススメ。

酸によるピーリング製品・・・例えばAHA配合のソープや酵素での角質ケア剤などを使いましょう。

私は顔用の酵素系角質ケア剤を使用しています。

首の後ろの日焼けなども一緒に角質ケアをして、お風呂上がりに保湿します。

保湿剤はターンオーバーを促す乳酸入りのボディクリームか、夏はココナッツオイル、冬はセサミオイルを使用しています。

保湿成分にプラスして美白系の成分や、ターンオーバーを整える作用のあるものを選ぶのがポイントです。

私はお風呂場で顔を洗うときに多めに角質ケア剤を用意して、身体の気になるところも一緒にケアします。

そしてタオルで水気をオフする前にボディクリームやオイルをばーーーっと塗ります。

そうすると乾燥する時間を与えずに潤いのあるお肌でいれますし、面倒くさくないので続けやすいです。

ちなみにオイルはアルガンオイルも保湿やターンオーバーの整え、美白などにも良いのでおすすめです。

ボディに使うなら大きいサイズがコスパ良いです。

まとめ

虫刺され跡をはやく改善するには「掻かない、刺激しない、紫外線を浴びない」こと。

そして角質ケアを保湿が大事です。

若くて健康なお肌なら何もしなくてもターンオーバーとともに消えていくこともありますが、大人のお肌は放置すると数ヶ月、一年、または紫外線や摩擦などの要因でずっと残ってしまうことにもなりかねません。

簡単にケアできるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

永松 麻美

エステティシャン歴10年、エステサロン&スクールの経営をしている永松 麻美です。美容大好き、化粧品大好き。アラフォーになって改めてアンチエイジングに気合いが入っているので、試行錯誤をブログで発信していきます!